店先

七不思議の一つ...!?

ここ、長野県諏訪地方を訪れる観光客が、必ずと言っていいほど見る場所がある。

上社に前宮、本宮、下社に春宮、秋宮という4つのお社を持つ『諏訪大社』。
その下社秋宮の参道――通称「大社通り」を一人の女性が歩いている。

秋宮を背にして緩やかな坂道を下っていた彼女が、ふと足を止め、空を見上げる。
その様子に、道行く者が足を止め車も止めて彼女を眺めたが、彼女は気に留めることなく、ゆっくりと歩き出した。彼女の家は、路地を折れればすぐそこだ。

彼女に声をかけようと、車が数台、彼女の後を追いかけている。
・・・・・・かわいそうに・・・・・・。

彼らが彼女の店――お土産物屋「大社堂」にたどり着くまで、1時間半以上かかるだろう。
その上、彼らはおみやげを、車一杯に詰め込んで帰るのだ。

でも、彼らは彼女に逢えたのだからそれでいいと言う。また、こんなに美しいお姉さんがいることを、地元に住んでいても知らなかったとも言う。

なぜか。
店主、真樹麗子とともに人間達にとっては謎の多い土産物屋――それが、「大社堂」なのだ。
無理も無かろう。ここは妖怪達が自分達の正体を隠すことなく、くつろげる場所――そう、心のオアシスなのだから。

――いらっしゃいませ、妖魔夜行ネット「大社堂」へようこそ。

それでは、ごゆっくりと心の闇の世界を堪能して下さいませ。

from Site Manager...

このページは、GURPS「妖魔夜行」の世界に基づいて作っています。
お気づきの点がございましたらメールフォームからご連絡をお願いします。
迷惑メールの増加に伴い、直接メールのやり取りは出来ないようにしております。ご容赦ください。

著作権は放棄しておりませんので画像や文章の無断転載、及び画像への直リンクはご遠慮下さい。
今回はCSSテンプレートを使用しています。
背景画像として、十五夜様(別窓で開きます)の画像をお借りしました。ありがとうございます。
小説及び、ギャラリーにあるイラストは、各作者に著作権があります。
上記以外の著作権は大社堂にあります。
リンクや著作権の詳細はページ全般の著作権とリンクに関してをご参照下さい。