Introduce myself -- Mikuri

[キャラクターデータ]

本名:不詳 (通称:三陵)
生年月日:不詳 (20代前半に見える)
身長:154cm
体重:それは、ひみつですぅ〜♪
血液型:……って、なんですか??
利き手:両利き。
出身地:長野県諏訪地方(のようだがそれもわからない)
仕事:国家対霊処理班のアルバイト生ですぅ〜♪

[性格]

性格は、マイペースで素直です。
でも、やる気になったら、抜群の集中力で物事を片付けます。
お金の面では、のんびりしていて、だまされやすいように思われやすいですけど、天性の鋭い勘が働くので、悪徳商法にひっかかったりはしないですぅ〜♪

って、自分で占ってみたんですけど、どうですかぁ〜??

[プレイヤーから補足]

退魔鬼行というシステムも初めてなら、セッションで顔を合わせるメンバーも始めて、という完全アウェイの状況で、どう対応するかを考えた結果、退魔の道にあまりなれていないキャラクターにしよう、と考えました。
それなら、自分があたふたしていても、キャラクターもあたふたしているだろう、と(笑)
あとは、見てて楽しくなってくれるようなキャラクターにしようと「天然でまっすぐな子」を目指しました。

そこから、こんな背景設定を作っています。

山奥で、乳母(三陵は、「おばば」と呼ぶ)と一緒に、浮世とかけ離れた生活を送っていたため、常識が大幅に欠けている(苦笑)。
義務教育は出ているが、方違えや物忌みなどで、半分くらいは通学していない。また、通学しても、図書室に本を読みに行くと、休み時間が終わっても戻ってこないため、おばばが、学校と相談して「登校拒否」ということにしたようだ。(そのため、クラスで授業を受けたことは、ほぼない)

で、結果として、こんな感じのキャラクターに。

岡崎:「三陵ちゃん、温泉に入る前には、ラジオ体操しなくちゃいけないんだよ?」
三陵:「……ラジオ体操、って何ですか?」
岡崎:「ラジオから流れてくる音にあわせて、身体を動かすことだよ。」
三陵:「そうなんですか……。」
風姫:(三陵が首をかしげているのを見て)「三陵、どうしたの?」
三陵:「温泉はいる前には、ラジオ体操する必要があるって、岡崎さんから聞いたんですけど、ここにはラジオがないですぅ〜」
風姫:「…………。三陵、あの人の言うことは信じちゃいけない。」
三陵:「え? そうなんですかぁぁぁ?」
風姫:「……岡崎くん、三陵に何教えてるのっ! 三陵は純粋培養なんだからっ!!」

……プレイヤーの狙い通りの「天然お嬢様」、できあがりです。
毎回、「〜って、何ですかぁぁぁぁ?」をどこで言うか、考えながらのセッションでした。(笑)

このキャラクターを作った時には、思いもよらなかった、大社堂メンバーとの退魔鬼行でのセッション……さて、今まで私が演じたどのキャラとも違う三陵を、どう受け止めたのでしょうか……そこは、ぜひ、リプレイでご確認ください。

キャラクターシートへ 退魔鬼行へ