Introduce myself -- Ruri Mizusawa

[キャラクターデータ]

本名:水沢瑠璃 
生年月日:11月19日 (蠍座)
身長:173cm
体重:53kg
血液型:AB(Rh+)
利き手:右利き。
出身地:京都市中京区
仕事:京都芸術大学2年次在籍/書道塾の講師、モデル

[性格]

他人からは穏やかな性格にみられがちだが、秘めたる情熱は激しい炎のようだ。
学生、モデル、書家、そして、退魔士。
どの仕事でも、人を惹きつけてやまない彼女の不思議な魅力。
それは、「神秘」。
この一言が彼女の全てをあらわすだろう。

(月刊退魔 特集より抜粋)

[プレイヤーから補足]

三陵でセッションにも慣れてきたところに、別の方のマスターなんだけど、京都編を一緒にセッションしないか、というお誘いを頂きました。もちろん、「いきます」と言ったものの、困りました。どんなキャラクターにしましょう……。

一緒にセッションする方は、どの方も退魔鬼行に慣れていらっしゃる方ばかり。しかも、ルールブックに載るようなキャラクターをお持ちの方もいます。
ましてや、マスターは、退魔鬼行を舞台に自身で小説をお書きになられてたほどのストーリーテラー。
もう、こーなったら、胸を借りる以外に手はありません。

とりあえず、話に絡みやすくするために、主人公である桂木朋子さんとは、モデルつながりで知人、という設定をまず、作りました。

三陵のような天然ぼっけぼけーなキャラクターではまずいだろうと、芯の一本通った女性に決定。
まぁ、役作りはなれてますからね、逆にこっちの方が……麗子さんと愛美ちゃんを足していいとこどりした感じの女性を作ります。

で、いろいろ設定を考える時に、「器用」の値をつかうキャラクターにしたい、と思ったのです。どんなシステムでもそうですが、あまりこの値を中心にするキャラクターって、作らないでしょ? で、彼女は芸術家になりました。私が書道を習っていたので、彼女は書道家に。

当日までに設定を作りこんでA4用紙1枚にまとめました。
(こちらに当時持って行った設定をアップしましたのでよろしければどうぞ。)

マスター含め、当日参加される方々に配布して、絡んでもらいやすくします。
目を通したマスターから「知人とするNPC」を何人か告げられ、話にも入りやすくして頂けました。

そして、運命のセッション。
そこで、ダイスの神様はこんな事をおこすのです。

GM:画廊って言うか、ちょっとしたところで個展を開いていると黒塗りの車から老人が降りてくるね。
あい:作品の出来を振ってみてもいいですか?
GM:どうぞ〜。
あい:(ころころ……そのまま硬直)
一同:GM〜、すみません、ここで6ゾロ振ってる人がいます。
GM:え、あ、え、何!? 6ゾロ!!(笑)
   「おぉぉぉぉ!! この書はすばらしいっ!!」
一同:(爆笑)

このシステムでは、出目が高いほうが出来がよいのです。いうならば、クリティカルしたってことですね(笑)

実は、この時、瑠璃の個展を見に来ていた老人が大金持ちで実力者だったために、京都御所で個展を開くことができたり、もう、はちゃめちゃです。(笑)

さらに、このおじいちゃん。実は、キーマンだったため、瑠璃は、サブストーリーの主役、つまり、このキャンペーンの準主役に格上げですよ(笑)

そして、回を重ね、私自身のTRPG経験の中でも最高のロールを演じることになります。
主人公、桂木朋子さんとの1対1の構図。
……なんか、自分の中にあるものを精一杯出して空っぽだぜっ!
て感じでしたね(笑)。

その日のプレイシート(感想などを一人数行で書いてくれる)は、今でも宝物です。
朋ちゃんのプレイヤーさんに、「楽しかった」と言っていただき、
マスターに「私の財産です」と言っていただいた、なんて、考えられないですよ。

私が来れる日を1年も待っていてくれた皆様方に、感謝感謝です。

そして、そんな私を作ってくれた、妖魔夜行、蒼明学園、ルナル(笑)の私をかなり苦しませてくれた(笑)、セッションに感謝です。

キャラクターシートへ 退魔鬼行へ